a sunny place

神戸ひだまり法律事務所のスタッフブログです。法律のことは事務所に任せて,それ以外の日々の出来事などを綴っています。

㉕クリスマス!


メリークリスマス!

緊急企画「アドベントカレンダーみたいにブログをアップしていこう!」も無事に25回アップすることができました! これもひとえに私のお陰・・・。

そして,①~㉕までのブログ記事のタイトルを並べてみると・・・
①困った・・・
②塔の裏側
③少年よ大志を抱け!
④モニュメント~剣と盾にスライムを添えて
⑤織田さん
⑥せごどん(西郷さん)
⑦分かるかな?
⑧西の空を見上げると・・・
⑨なかなか
⑩立派すぎる油揚げ
⑪マンホール
⑫白・黒
⑬タャージス
雷鳥の里
⑮家康くん
⑯ネーミング
⑰ん??
⑱モーニング・セット
⑲土柱(どちゅう)
⑳裏見の滝(鍋ヶ滝)
㉑存分に楽しめます
㉒宵の口にヤッホッピー!
㉓六角形の会津さざえ堂
㉔出陣!
㉕クリスマス!

そう,お気付きでしょうか?

タイトルをひらがなにして,一文字目を縦に読むと・・・

「ことしもおせわになりました らいねんもどうぞよろしく」

・・・。

みなさん,良い年末年始を!!

f:id:kobe-hidamari-law:20191219164817j:plain



㉓六角形の会津さざえ堂


寛政八年(1796年)に建立された「会津さざえ堂(正式名称:円通三匝堂(えんつうさんそうどう))」(福島県会津若松市)はあまり見かけない六角形の形をしているのですが,その見た目はもとより,内部も実に他では見られない構造になっているんです。

f:id:kobe-hidamari-law:20191219163449j:plain

こちらは高さ16.5メートルの六角三層の仏堂なのですが,内部は二重らせんのスロープになっていて,上りと下りが全く別の一方通行の通路になっているんです。これは仏堂建築としては世界的にも珍しいそうで,国の重要文化財にも指定されています。

f:id:kobe-hidamari-law:20191219163527j:plain


私も思わず,ぐるぐると3周ぐらいしてしまいましたが,反対側の人の声はすれども姿は見えず,実に不思議な建物内部でした。

上りがあって下りがあり,巡り巡ってまた元に戻る。深いですなぁ。しみじみ・・・(しじみではなく,さざえですが。)

㉒宵の口にヤッホッピー!


ずっと何なのか気になっていた“ホッピー”。

居酒屋さんの店先に「ホッピーあります。」という張り紙を目にした時から,そのポップでハッピーな名前の飲み物に興味津々でした。

そして念願叶ってホッピーを注文したのですが,出て来たのは“ホッピー”と書かれた瓶と焼酎の入ったジョッキ。

え?どうしろと??

よくよく聞くと,「ホッピー」(ホッピービバレッジ(株))自体はノンアルコールみたいなもので(※ごく少量のアルコールは入っています。),それとお酒を混ぜて頂くものが居酒屋さんで言う“ホッピー”らしいです。

お味はほのかな甘みがあって,飲みやすく,何回もカンパーイ!としてしまいそうでした。

f:id:kobe-hidamari-law:20191219141023j:plain

忘年会シーズン,飲み過ぎには気をつけてくださいね!

 

㉑存分に楽しめます


小さい頃,駄菓子屋さんで何を買おうかお小遣いを計算しながらあれこれ迷うのが楽しかったのですが,ある日,半端ないスケールの駄菓子屋さんを発見しました!


こちら,「日本一の駄菓子売り場」((株)大町(岡山県瀬戸内市))です!

f:id:kobe-hidamari-law:20191219135102j:plain

広い倉庫のような建物の中は,めちゃくちゃたくさんのお菓子が置いてあります。

f:id:kobe-hidamari-law:20191219135333j:plain


懐かしいお菓子から最近のお菓子まで,色んな種類のお菓子がぎっしり!

f:id:kobe-hidamari-law:20191219135359j:plain


大人買いもできちゃいます。

f:id:kobe-hidamari-law:20191219135420j:plain

f:id:kobe-hidamari-law:20191219135456j:plain


お菓子以外に懐かしい玩具もあります。

f:id:kobe-hidamari-law:20191219135438j:plain


子どもから大人まで,駄菓子を思う存分に楽しめるパラダイスです!


⑳裏見の滝(鍋ケ滝)


こちらは,熊本県小国町にある「鍋ケ滝」。

f:id:kobe-hidamari-law:20191216154535j:plain


滝の落差はそれほどありませんが,幅が約20メートルあり,カーテンのように広がっていて実にキレイです。

別名・裏見の滝とも呼ばれていて,その名のとおり,滝の裏が歩いて通れるようになっていて,裏からも滝を眺めることができます。

f:id:kobe-hidamari-law:20191216154640j:plain


マイナスイオンをたっぷり浴びてリフレッシュしましょう!!

 

⑲土柱(どちゅう)


あっ! わっ! グランドキャニオン!? 

f:id:kobe-hidamari-law:20191216151142j:plain


ではなく,「阿波の土柱(あわのどちゅう)」(徳島県阿波市)です。

f:id:kobe-hidamari-law:20191216151240j:plain

遙か昔,この一帯は吉野川の底でしたが,地震で隆起し,隆起した堆積層の断面が雨水によって少しずつ削られ,約130万年もの長い年月をかけて出来たものだそうです。


こちら,国の天然記念物にも指定されており,アメリカのロッキー山脈とイタリアのチロル地方,そしてこの阿波の土柱が世界三大土柱,世界三大奇勝と呼ばれているそうです。

f:id:kobe-hidamari-law:20191216151626j:plain

いくつもの土の柱が並んでおり,年月の深さ,自然の神秘を感じさせますね!