読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a sunny place

神戸ひだまり法律事務所のスタッフブログです。法律のことは事務所に任せて,それ以外の日々の出来事などを綴っています。

アテンションプリーズ


外を歩いていると色々な看板を目にします。

その中でも注意をうながす看板というのはよく目につきます。
そういった看板があることによって,身構えというか,危険に対する意識も高まるのではないかと思います。

そんななか,注意しなくてはいけないものの,何だか少しほのぼのしていて気になる看板をご紹介します!

 

f:id:kobe-hidamari-law:20160808105144j:plain

このパンダさんがキョロキョロしているイラストがとっても可愛くて,一緒にキョロキョロと安全確認したくなっちゃいます。
  

お次は・・・  

f:id:kobe-hidamari-law:20160808105259j:plain 
街中で見かける避難場所の看板は学校や公園,最寄りの施設など公の場所が多いかと思いますが,こちらは,なんと“田中さん”の畑となっております。
きっとこの辺りにお住まいの方は田中さんの畑といえば,すぐに分かるんでしょうね。田中さんに親しみを覚えます・・・。
  
  
 
そして,最近気になるのが,飛び出し注意の看板。
通学路とか横断歩道にある飛び出し注意の看板は,昔からよくありますよね。
なんだか本物と違うドラえもんやらのキャラクターが描かれたものやら,駆け込むような飛び出しスタイルの子どもなどの看板が置かれています。
その中でも目がくりっとしていて愛らしく,馴染みのあるのがこの“飛出とび太”くんです!

f:id:kobe-hidamari-law:20160808105358j:plain

 滋賀県東近江市の久田工芸さんが手がけるこの看板,パッと目を引きますね。
 洋服の色が信号の危険カラーの赤と黄色なのが,飛び出し危険の意味を持っているのかどうかは定かではありませんが,今日もとび太くんはみんなに危険を知らせてくれています・・・。


良い子の皆さんも,良い大人の皆さんも飛び出しはしないように交通ルールを守りましょう!!

 

 

「行って良かったGP」番外編


大好評を博したかどうかは定かではないうちに終わりました「2016年上半期・(超個人的に)行って良かったグランプリ」ですが,行って良かったのは景色だけではありません。

そこで,急遽,番外編!
「2016年上半期・(超個人的に)行って食べて良かったグランプリ」の開催です!

栄光の第1位は~,「一升びん」(本店・三重県松阪市)です!

こちらは,三重県にある焼き肉屋さんで,お伊勢さんへ観光へ行った時のこと,なんでも松阪牛のホルモンが食べられるらしいと聞きつけ,それはぜひとも食べるしかない!!と思い,お店へレッツゴー。
松阪牛のホルモンと,その他の盛り合わせなどを注文いたしました~。

焼き肉って,なんだか本当にテンションあがりますよね!


早速,じゅわ~っと焼いてお口に入れると,ホルモンだけど脂がきつすぎず,とっても美味しかったです!
特にこのお店の味噌ダレが,普通の焼き肉屋さんとはひと味違うタレで,つけて食べるとお肉がくどくなりすぎず,何枚でも食べられる感じです。

松阪牛というと,お値段がお高くて敷居も高いイメージですが,こちらはそこまで値段が高くなく,懐にも胃袋にも優しく食べることができます。

実はこのとき,時間帯も相まって余りお腹がすいておらず,いつもの私の半分の量しか食べられなかったので,ぜひまたお腹をすかせて食べに行きたいと思います!!

 

f:id:kobe-hidamari-law:20160719154854j:plain

「行って良かったGP」第1位!


大変長らくお待たせしました!(忘れてた?)

「2016年上半期・(超個人的に)行って良かったグランプリ」栄えある第1位は・・・・・・「白糸の滝」(静岡県富士宮市上井出)です!!  じゃ~ん! おめでとうございます!!

f:id:kobe-hidamari-law:20160719143625j:plain

この滝は,高さ約20メートル,幅約150メートルに渡り,崖面の各所から湧きだした水が数多の白い糸を垂らしたように流れ落ちており,ずらりと並んだ滝の流れは実にビューティホー!です。

こちらは,本滝の一部を除いて,その殆どが富士山の湧き水からなる滝だそうです。

滝つぼまでは,100段ほどの階段を降りていくのですが,階段手前には展望スペースがあり,そこからは富士山もしっかりと拝めました。(この日はあいにく,曇り空でしたが・・・)

f:id:kobe-hidamari-law:20160719143708j:plain

 

実は,こちらの白糸の滝は,通りすがりにふらりと立ち寄っただけなのですが,思っていたより(失礼ながら・・・)めちゃくちゃ良かったので,上半期1位にさせて頂きました~。

階段を降りていくと,目の前に滝がずらっと広がり,実に壮観です。

とっても清らかな気持ちにさせてくれるこの白糸の滝。またふらりと立ち寄りたいなと思います!!

f:id:kobe-hidamari-law:20160719143745j:plain

「行って良かったGP」第2位!


前回に続き,「2016年上半期・(超個人的に)行って良かったグランプリ」の発表です!


続いては・・・第2位!

寸又峡(すまたきょう)・夢の吊り橋」(静岡県榛原郡川根本町)です!
おめでとうございます!! パチパチパチパチ~。


寸又峡は,南アルプスの麓にある,大井川支流の寸又川にある峡谷です。
“夢の吊り橋”は,大間川と寸又川の合流点の上流にあり,大間ダムにせき止められた人造湖に架かっております。

まずは,最寄りのバス停・駐車場から,遊歩道をテクテクと歩いて行きます。
橋までの道のりは,自然の景色が素晴らしく,途中,トンネルを通ったり,トロッコの展示などもあり,あまりアップダウンも激しくないので,のんびり歩くことができました。

f:id:kobe-hidamari-law:20160617154518j:plain(トロッコの展示のところにあった看板がなんだか可愛いかったのでパシャリ。)

 

トロッコが展示されている辺りから少し階段を下っていくのですが,そこで見えた景色に感動!!

f:id:kobe-hidamari-law:20160617154621j:plain

湖の色がとっても綺麗!
エメラルドグリーンの湖面と木々の緑の色合いがとっても印象的です。

 

・・・そして,ほどなくして辿り着いた“夢の吊り橋”!

f:id:kobe-hidamari-law:20160617154734j:plain

こちら,高さ8メートル,長さ90メートルとなっていて,橋は一度に11人以上渡ってはいけませんという不穏な看板が立っております・・・。

以前,超へっぴり腰で渡った某・吊り橋よりは怖さはなかったものの,割と幅の狭い底板を歩いて行くので,やっぱり少し気合いが要ります・・・。
ちょうど手すりのように両側にワイヤーが貼ってあるので,それを頼りに無事,渡りきりました~。

 

美しい湖面の上を渡る吊り橋と,辺りの自然の色彩がとってもお見事でした!!

また紅葉の季節にも訪れてみたいなと思います!

f:id:kobe-hidamari-law:20160617161308j:plain

「2016年上半期・行って良かったグランプリ」


うすうす気がついてはいましたが,もう6月・・・。
今年も半分すぎようとしています。どうしましょう。
どうしましょうと言ってもどうしようもないので,ここはひとつ,突然ですが,「2016年上半期・(超個人的に)行って良かったグランプリ」を発表したいと思います! パチパチパチ~。(何の脈絡もありませんが。)


まずは・・・第3位!

じゃじゃ~ん,「鞆の浦(とものうら)」(広島県福山市)です。おめでとうございます!

f:id:kobe-hidamari-law:20160615163214j:plain

こちらは,沼隈半島の南端に位置する風情ある港です。
瀬戸内海の潮の分かれ目となっていたので,古くより潮の満ち引きを待つ船が集まり,「潮待ちの港」として栄えたそうです。

なんでも,映画「崖の上のポニョ」のモデルになったとも言われているそうです。


何といってもお勧めなのは周辺の美しい風景です。
瀬戸内海を見下ろす景色はとても素敵ですし,周辺の古い町並みはゆったりと時が流れるかのような風情があり,ぶらぶらと散策するのも楽しかったです。

f:id:kobe-hidamari-law:20160615163334j:plain


どこかノスタルジックな気分に浸ることができます。

f:id:kobe-hidamari-law:20160615163518j:plain


とても穏やかな町並みに癒やされること間違いなしです!
また機会があれば,ふらりと立ち寄ってみたいなと思います! 

f:id:kobe-hidamari-law:20160615164513j:plain

 

 

久々ブログ

気がつけば,早一ヶ月・・・。
ブログもすっかりご無沙汰になっておりました!

この一ヶ月,仕事以外は,ほぼほぼ引きこもりみたいな状態になりまして。(といっても,私は至って元気ではあるのですが・・・。)
ようやく完全復活!(かな?)となりました。

皆さんには,「ブログ,楽しみにしてるから早くアップしてね!」という温かい声は全く頂戴はしませんでしたが,勝手にこれからも頑張らせて頂きます!
どうぞよろしく・・・。


はてさて,最近,日曜日の夜に「99.9-刑事専門弁護士-」(TBS)というドラマを見ておりまして,松潤がうちの事務所にもいたらいいのにな~と思いつつ,次の日に事務所へ行くのですが,もちろんどこにも見当たりません・・・。

その代わり,うちには“MJ”ならぬ“SJ”ならいるんですけどね!(・・・え?)


そのドラマを見ていた知人に,「もしかして,お仕事,パラリーガール?」って言われたのですが,いやいや,それを言うならガールじゃなくてパラ リーガル(Paralegal) です・・・。
パラリ~・ガールの方が何だか楽しそうですけどね。
(私自身としては事務員という言い方のほうが何だかしっくりきます。)


斑目法律事務所のような大きな事務所ではありませんが,一つ一つの案件を丁寧かつ迅速に取り組んでこれからもお仕事を頑張りたいと思います!!

f:id:kobe-hidamari-law:20160525114731j:plain

写真は松潤つながり(?)の「松本城」(長野県松本市)です。
現存する五重六階の天守の中では日本最古の国宝の城だそうです。
とても立派で格好いいお城ですね!

 

「だいじょうぶ だいじょうぶ」


久々に絵本の紹介です。

私の口癖の一つに「だいじょうぶよ~」という言葉があるのですが,ちょっと不安な時に「大丈夫だよ」と言ってもらえると,なんとなく少し不安が和らぐような気がしませんか?
もちろん,それでも不安は解消されないかも知れませんが,大丈夫。と言ってもらえると少し気持ちが落ち着くような,おまじないのような言葉です。 

 

だいじょうぶ だいじょうぶ (講談社の創作絵本)

だいじょうぶ だいじょうぶ (講談社の創作絵本)

 


この絵本は,“ぼく”と“おじいちゃん”のお話です。

小さい“ぼく”は,おじいちゃんとの散歩のなかで,色々な出会いと発見をします。
でも,困ったことや怖いことにも出会うようになり,“ぼく”は不安になります。
そんななか,おじいちゃんはいつも手を握って,「だいじょうぶ だいじょうぶ」とつぶやいてくれます。

「だいじょうぶ だいじょうぶ。」 それは,むりして みんなと なかよく しなくても いいんだってことでした。

 

「だいじょうぶ だいじょうぶ。」 それは,この よのなか,そんなに わるい ことばかりじゃ ないって ことでした。

 


そして,その言葉を何度もおじいちゃんとぼくが繰り返すうち,困ったことやこわいことも少しずつ大丈夫になっていきます。

けんちゃんとも くみちゃんとも,いつの まにか なかよく なりました。

 

なんども ころんで けがも したし,なんども びょうきに なりました。
でも その たびに,すっかり よくなりました。

 

この絵本は,お話もとても素敵なのですが,絵もとても温かみがあり,不安な“ぼく”を見守ってくれるおじいちゃんの優しさが伝わってきます。

そして,ここまでのお話でも心に響くものがあるのですが,この絵本で最も感動したのは最後の場面です。
最後は,大きくなった“ぼく”が,年をとったおじいちゃんの手をにぎって,何度もこの言葉を繰り返してあげるのです。
これはぜひ実際に読んでいただくと,本当に感動することと思います。
私も,この絵本を読むたびに,最後はどうしても泣けてしまいます・・・。


生きている限り,全てがうまくはいかないかも知れませんし,何かしらの心配や不安もつきませんが,「だいじょうぶ」と自分にも言い聞かせつつ,誰かにも「だいじょうぶだよ」と心に寄り添えられたらいいなと思います。